HISTORY

第19回 ふるさと自慢特急便

開催日時
2006年11月26日
開催場所
国技館(東京都・墨田区)

地元の人たちの協力を得て製作した、ふるさとの特産品“ふるさとオブジェ”を、手動または自動ロボットに載せ、様々な障害を克服するタイムレース。「お堀越え」、「シーソー渡り」、5本のポールを交互にすり抜ける「スラローム」をクリアした後、最大の難関「縄跳び」を3回して、早くゴールにオブジェを運んだ方が勝ち。

PRIZE

第19回大会各賞

学校名(ロボット名)
ロボコン大賞 詫間電波工業高等専門学校(ARK/あーく)
優勝
詫間電波工業高等専門学校(ARK/あーく)
準優勝
和歌山工業高等専門学校(ウメタロウ)
アイデア賞
沖縄工業高等専門学校(行進中/こうしんちゅう)
技術賞
徳山工業高等専門学校(パンダ倶楽部/ぱんだくらぶ)
デザイン賞
近畿大学工業高等専門学校(Libra/らいぶら)
ふるさと自慢賞
釧路工業高等専門学校(韋駄天/いだてん)
特別賞
本田技研工業(株)
都城工業高等専門学校(RainBow/れいんぼう)
特別賞
電気事業連合会
小山工業高等専門学校 (特急かんぴょう号/とっきゅうかんぴょうごう)
特別賞
マブチモーター(株)
豊田工業高等専門学校(TOTOYA/ととや)
特別賞
ソリッドワークス・ジャパン(株)
徳山工業高等専門学校(パンダ倶楽部/ぱんだくらぶ)
特別賞
(株)安川電機
沖縄工業高等専門学校(行進中/こうしんちゅう)