About

高専ロボコンとは

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)は、1988年から始まった。若い人たちに、既成概念にとらわれず「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことの面白さを体験してもらい、発想する事の大切さ、物作りの素晴らしさを共有してもらう全国規模のイベントです。

全国の高専学生が、毎年異なる競技課題に対し、アイデアを駆使してロボットを製作し、競技を通じてその成果を競うもので、発想力と独創力を合言葉に毎年開催され、2016年で29年目を迎えます。コンテストには、全国の高等専門学校57校62キャンパスの高専生が参加します。各キャンパス2チーム計124チームが、全国8地区で(北海道・東北・関東甲 信越・東海北陸・近畿・中国・四国・九州沖縄)実施される地区大会に出場し、そこで選抜された25チームが全国大会に進みます。