「NHK大学ロボコン」は、アジア・太平洋地域の国と地域を代表する大学チームによるロボットの競技会「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト(ABUロボコン)」の、日本代表を選考する大会です。 この大会で優勝したチームは、日本代表として「ABUロボコン」に参加していただきます。

親ロボット(手動)、子供ロボット(自動)の計2台のロボットが協力しながら、4つの課題に挑戦します。
その4つの課題は、「シーソー」、「ポールウォーク」、「ブランコ」、「ジャングルジム」。4 つの課題を達成したチームは、「SHABAASH」となります。「SHABAASH」を先に達成したチームが、勝利します。
競技時間は3分間。赤チームと青チームの対戦形式です。

大会名称

NHK 大学ロボコン2014
〜ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会〜

競技名

「A SALUTE TO PARENTHOOD」

主催

NHK、NHKエンタープライズ

後援

文部科学省、一般社団法人日本機械学会、一般社団法人日本ロボット学会、
独立行政法人国立青少年教育振興機構

パナソニック システムネットワークス株式会社
トヨタ自動車株式会社
マブチモーター株式会社
株式会社ナガセ
ローム株式会社

ロンシール工業株式会社

平成26年6月1日(日)
開場:正午  開演:午後1時  終演予定:午後6時

国立オリンピック記念青少年総合センター 大体育室
(渋谷区代々木神園町3-1)
会場への交通案内