HISTORY

Clean Energy Recharging the World

参加チーム
24
開催日時
2016年7月10日
開催場所
大田区総合体育館

今回のテーマは「エネルギー」。出場チームはエコロボットとハイブリッドロボットの2台で障害物競走に挑みます。ハイブリッドロボットはエコロボットに触らず、風力や磁力などを使っエコロボットを動かします。エコロボットはプロペラを乗せて、3つの障害物ゾーンを越えていき、全てのゾーンをクリアした後、ハイブリッドロボットがプロペラを受け取り、ポールを登って頂上に先にプロペラを取り付けた方が「Chai-Yo(チャイヨー タイの言葉で「万歳」「やった!」の意味)」達成で勝利となります。

PRIZE

大会各賞

学校名(チーム名)
優勝 東京大学/
RoboTech(ロボテック)
準優勝 豊橋技術科学大学/
とよはし☆ロボコンズ(トヨハシロボコンズ)
アイデア賞 大阪工業大学/
大工大エンジュニア(ダイコウダイエンジュニア)
技術賞 金沢工業大学/
翠嵐(スイラン)
デザイン賞 九州大学/
KURT(ケーユーアールティー)
特別賞
パナソニック
システムネットワークス株式会社
大阪工業大学/
大工大エンジュニア(ダイコウダイエンジュニア)
特別賞
トヨタ自動車株式会社
三重大学/
RC(エムキューブアールシー)
特別賞
マブチモーター株式会社
九州職業能力開発大学校/
九TECH(キュウテック)
特別賞
株式会社ナガセ
九州大学/
KURT(ケーユーアールティー)
特別賞
ローム株式会社
東京農工大学/
R.U.R(アールユーアール)
特別賞
NOK株式会社
金沢工業大学/
翠嵐(スイラン)
DOWNLOAD
  • ルールブック

    Last Update:2016.10.28

決勝トーナメント

予選リーグ

Aグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
A1 金沢工業大学 ◯1 ○17
A2 工学院大学 ×1 ×9
A3 三重大学 ○9 ×17

Bグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
B1 豊橋技術科学大学 ○2 ○18
B2 長崎総合科学大学 ×2 ○10
B3 北見工業大学 ×10 ×18

Cグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
C1 東京大学 ○3 ○19
C2 千葉大学 ×3 ×11
C3 東京農工大学 ○11 ×19

Dグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
D1 長岡技術科学大学 ○4 ×20
D2 九州職業能力開発大学校 ×4 ○12
D3 信州大学 ×12 ○20

Eグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
E1 名古屋工業大学 ○5 ×21
E2 静岡理工科大学 ×5 ×13
E3 横浜国立大学 ○13 ○21

Fグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
F1 早稲田大学 ×6 ×22
F2 京都工芸繊維大学 ○6 ○14
F3 熊本大学 ×14 ○22

Gグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
G1 東京工業大学 ×7 ○23
G2 九州大学 ○7 ○15
G3 大阪大学 ×15 ×23

Hグループ

    第1試合 第2試合 第3試合
H1 新潟大学 ×8 ○24
H2 大阪工業大学 ○8 ○16
H3 東京工科大学 ×16 ×24